So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

元AKB48増田有華、ツイッターでの発言に賛否両論 [芸能]

元AKB48の増田有華(22)のツイッターでの発言に対し、「今のAKBを批判している!?」として、
ネット上でファンの間で騒ぎになっている。



増田は11日、自身のツイッターで

「やっぱAKBって昔にしか出せなかった味みたいなのがあるよなぁ~みんなほんと個性的だったし。あの時をもう一度っていまの子たちが真似してもできないもんがありますな」

「アイドルって難しいね。だからヤダったの、アイドル。嫌いだったの。いまでもアイドルって言われるの嫌。けどやってて1番得るものがあって発見できて尊敬できたのがアイドル。だから素直にスゴイと思う。けど、アイドルではない。元アイドルであってもいまは違う」

と、AKB48時代の振り返りと現在の在り方について語った。



そして立て続けに増田はこうツイートした。

「ま、アイドル時代からアイドルなりたくなかったって散々言ってきたけどね。笑てかアイドルってくくりってどっからどこまでなんだ?笑。みんなのアイドルってなに?」


これらのつぶやきに対し、ファンの間では賛否両論の声が上がった。

「アイドルという概念は、人によってまちまちだから一概に言えない」

「なんか自分の過去を否定してるようにしか聞こえないです」

「AKBの昔の味。確かに、難しいね。やっぱり、長く続くと制約できたり、人目に触れやすくなるからかしこまっていなきゃいけなかったりするところはあると思う」

「そんなこと言わないで欲しかったな」

「今の子の良さが分からんのかwwクソだな」

「実質クビになった中途半端な奴が発言しても説得力無し」

といった厳しい意見や批判も多数あった。



一方で、

「応援してます。思ったことを言うからこそ君のすべての言葉が信じられる」

「あなたは現在れっきとした表現者ですよ。これからもただただ応援します」

「人間・増田有華に魅せられた」

と増田の飾らない言葉を支持する声も多く寄せられた。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

増田は2006年、第2期AKB48追加メンバーオーディションに合格し、メンバー入りを果たす。

2009年の13thシングル選抜総選挙では25位にランクインしアンダーガールズ入り。

2011年には秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江と「DiVA」を結成。

その後もシングル選抜入りを果たすなど人気を着実に伸ばし、2012年に宮本亜門プロデュースの舞台『ウィズ~オズの魔法使い~』の主役の座を賭けて、AKB48グループの116人のメンバーと争い、見事主役に選ばれた。

しかし、同年11月にDA PUMP・ISSAとの宿泊が報じられ、同月末にAKB48としての活動を辞退することを発表。12月末にAKB48としての活動を終えた。


nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。